膀胱炎血尿

医師や専門家が深く詳しく解説します

膀胱炎血尿

医師や専門家が深く詳しく解説します

膀胱炎で血尿 !? 膀胱炎による血尿の原因・症状・対策を解説

公開日
更新日

 
執筆:大見 貴秀(医師)
 
 
排尿時に痛みや不快感、残尿感が発生する「膀胱炎」。しかしそのほか代表的な症状に血尿があります。いきなり尿が赤く染まっていると誰しも驚いてしまうものです。もし「 膀胱炎で血尿 」が出たという事態になっても、事前に膀胱炎について知り、いざという時に落ち着いて対処できるようにしましょう。
 
 

そもそも膀胱炎とは?

 
膀胱炎は、尿の濁り、頻尿、排尿時の痛みが代表的な症状です。
排尿終了時に強い痛みが発生する傾向があり、時には慢性的な下腹部の痛みや血尿といった症状も発生します。一般的に男性に比べて女性に多い疾患です。
 
 

膀胱炎のメカニズムとは?

 
膀胱の内側には移行上皮と呼ばれる粘膜が存在します。移行上皮や膀胱粘膜が細菌などにより炎症を起こすことにより膀胱炎が発生します。大腸に存在する大腸菌や性器周辺に存在する黄色ブドウ球菌などが主な原因となります。

 
肛門部や性器周辺からそれらの細菌が尿道を通して膀胱内に侵入することで炎症を起こします。男性は外陰部があるため尿道が長く細菌が膀胱へたどり着くことが難しいのに対して、女性の場合は尿道が肛門や膣と距離的に近いため侵入しやすいという特徴があります。そのため男性に比べ女性に多い疾患となっています。

 
人間の体には免疫作用があるため健康な状態ならば大腸菌や黄色ブドウ球菌が膀胱に侵入したからといってすぐに膀胱炎になったりはしません。しかしストレスや過労による免疫力の低下や性行為、生理などのあと適切に洗浄をしないなどの不衛生によって膀胱炎が発生します。

 
 

膀胱炎と血尿の関連性について

 
膀胱炎が発生すると柔らかい粘膜である移行上皮や膀胱粘膜が細菌によって傷つけられます。粘膜から出た血液が尿に混じり血尿が発生します。膀胱炎は初期症状の段階で血尿が発生することは比較的稀です。
 
血尿が発生している場合、中度くらいまで症状が進んでいる可能性があるためすぐに泌尿器科にかかるとよいでしょう。

 
 

膀胱炎の血尿以外の症状について

 
膀胱炎は血尿以外に以下のような症状が発生します。
 
<膀胱炎の血尿以外の症状>
・頻尿
・排尿時の痛み
・尿の濁り
・残尿感
・下腹部の痛み
 
膀胱炎は初期症状として尿の濁り、頻尿、排尿時の痛みが発生します。症状が進むと下腹部の痛みや血尿が発生します。また膀胱炎では発熱することは基本的にありません。

 
もし発熱の症状がみられるなら、盂腎炎(じんうじんえん)の可能性があります。腎盂腎炎とは、細菌が腎臓にまで侵入して発症する病気です。

 
 

膀胱炎の予防

 
膀胱炎を予防するためには以下のことに気を付けるとよいでしょう。

 
<膀胱炎を予防するためのポイント>

体の免疫力を保つ

過労やストレスは身体の免疫力を下げてしまいます。できる限りオーバーワークは避け適切に休息を取り疲労やストレスを解消するようにすることが重要です。

 
また、過剰なダイエットもエネルギーが足りなくなることにより、身体の免疫力を下げてしまいます。ダイエットを行う場合は食事制限を行うのではなく、ウォーキングなど負担の少ないスポーツでカロリー消費するように心がけましょう。

 
 

トイレを我慢しない

人間は排尿をするときに尿道や膀胱にいる最近を外に排出します。トイレを我慢することは細菌を体の内部にため込んでしまうため、尿意を感じたら我慢しないでトイレに行くようにしましょう。

 
 

性器周辺は清潔に

性器周辺を不衛生にしているとそれだけ細菌が増え、尿道から膀胱へ侵入されやすくなってしまいます。特に女性は生理があるため性器周辺は清潔に保つようにしましょう。また性行為を行ったあとはすぐに排尿と洗浄を行い、菌を外に排出することも重要です。

 

膀胱炎の予防のためには免疫力と清潔を維持することが大切です。健全な生活習慣を構築して膀胱炎に負けないようにしましょう。

 
 

血尿による膀胱炎以外で可能性が考えられる病気

 
血尿が発生した場合、膀胱炎以外では以下のような病気の可能性が考えられます。
 

<血尿による膀胱炎以外で考えられる病気>
・尿路結石
・腎盂腎炎
・尿道ポリープ
・腎梗塞
・前立腺がん
膀胱がん
・尿道腫瘍

 

血尿は見た目に分かりやすい症状ではありますが、中には尿検査を行わないと発覚しない血尿もあります。

 
これらの疾患は血尿のほかに、排尿時の痛みや頻尿、残尿感、背中やわき腹の痛みといった症状を発生させることも多いため、血尿が現れていなくてもこれらの症状が気になった場合は医師に相談するとよいでしょう。

 
 

「 膀胱炎で血尿 」 まとめ

 
膀胱炎は男性に比べ女性に多い病気です。代表的な症状としては頻尿や排尿時の痛み、尿の濁りなどがあげられます。ある程度症状が進むと血尿や慢性的な下腹部の痛みといった症状が発生します。

 
膀胱炎は細菌が尿道から侵入し膀胱に入り込むことで発生します。予防の方法としては体の免疫力を健全に保つことと性器周辺を清潔にすることです。

 
血尿は膀胱炎以外にも様々な病気のサインにもなるため、発生したら医師に相談するようにしましょう。泌尿器の病気で他に現れやすい症状は排尿時の痛みや頻尿、残尿感、背中やわき腹の痛みになります。

大見 貴秀 署名

 
<執筆者プロフィール>
大見 貴秀(おおみ・たかひで)
医師、ヘルスケアライター。麻酔科標榜医、麻酔科認定医、日本抗加齢医学学会会員。
本業である麻酔科医としての活動の傍ら、病気・疾患の予防を啓蒙するためヘルスケアライターとして活躍。
 
 

オススメリンク

 
関連した情報として以下のようなものがありますので、ご参考にしてください。
 
膀胱炎の市販薬 : ドラッグストアで変える膀胱炎市販薬とは
 
膀胱炎の治し方 ってどうするの?女性に多いって本当?
 
膀胱炎の薬 とはどんなもの?どうやって炎症を抑えるの?
 
膀胱がんの症状 とはどういうもの?原因や予防法は?
 
兵庫県保険医協会が提供する、繰り返す膀胱炎への対処法について説明した動画

 
尿検査で蛋白 が検出された!どういう病気の可能性がある?
 
尿蛋白の原因 はなに? 尿検査の基本事項から詳しく解説
 
 

※なお記事中の語句に張られたリンクをクリックすると、当該語句について詳しく説明した当サイト内もしくは外部サイトの記事へ移動しますので、ご活用いただければ幸いです。